糖尿病は症状がないことが特徴

糖尿病・・・その病名はある意味知らない人はいないと言ってもいいぐらい最近とても多くなっています。

肥満気味の人に多い病気ですが、実はⅠ型・Ⅱ型というタイプがあります。

前者のⅠ型は、先天性のことが多く、もともとインスリンの分泌が少ない・もしくは欠如しているタイプ。

インスリンの分泌をしている膵臓の働きが先天的に悪く、比較的、低血糖という症状が多いです。

後者のⅡ型が日本人の糖尿病の95%を占めていると言われているタイプで、高血糖が主流の症状になります。

風邪などのように、罹患したらすぐに症状が出現してくるわけではなく、定期的に健診を受けることで早期発見・早期治療ができるのです。

自覚症状が出現したときは、糖尿病による合併症が進んでいる可能性が高いので、とても怖い病気なのです。

糖尿病の合併症は、生死に直結する疾患です。

自覚がないからといって甘くみていると、どうしようもない状態になってしまうことが多いので、日々の生活習慣をきちんと見直していく必要があるのです。

糖尿病と診断された人のほとんどは、高血糖という症状があります。

実は、血糖値というものは、かなり高値にならないと無自覚なことが多いのです。

血糖値がやや高めくらいで自覚症状があれば、その時点で病院を受診すれば、もしかしたら合併症もひどくはならないかもしれません。

しかし、無自覚が特徴でもある糖尿病。

生活改善をしていかないと高血糖による侵襲が進み、自覚症状が出現したときは合併症がかなり進んでいるということは珍しくありません。

私の母は、30代で糖尿病になりました。

30年ほどの時が過ぎましたが、現在までさまざまな合併症を引き起こし、その都度治療を受けてきました。

しかし、高血糖がベースにあるので、一つ終われば次の治療、そしてまた・・・その繰り返しです。

糖尿病は、一度罹患してしまうと一生治ることはありません。

詳しくはこちら。

糖尿病は症状でわかる

どんなに気をつけていても、長期的にじわじわとその侵襲が進みます。

生活習慣を普段から気をつけていくことと、定期的にきちんと健康診断を受けて、病気の早期発見・早期治療ができるようにしていきましょう。