津居山ガニは兵庫県北部にある津居山港で水揚げされたズワイガニのことをいいます。 間人港とほぼ同じ漁場ですが、津居山の船で水揚げされたものは津居山ガニとなります。 津居山港には大型の船もありますし、船の数も多いので例年安定した水揚げ量です。 津居山ガニの証明タグは青色となっています。 青色のタグがついている場合は津居山ガニだと思ってください。 津居山ガニの解禁日は11月6日から翌年3月20日までです。 これは一般的なズワイガニと同じ解禁日です。 そして、津居山ガニと呼ばれるのは津居山港で水揚げされたオスのズワイガニのみなので、メスは違います。 近くにある京都の間人ガニが有名なので、津居山ガニの知名度はそれほど高くありませんが、立派なブランドガニのひとつです。 また山陰産のズワイガニの中でも比較的安く食べることができるので、コストパフォーマンスに優れています。 たくさん美味しいズワイガニを味わいたいなら、津居山ガニを購入した方がいいでしょう。 周辺の観光スポットで味わうことができますし、通販でも購入することが可能です。